犬のしつけ|しつけの考え方


覚悟の瞬間

覚悟の瞬間

森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法



森田誠独自の犬のしつけ方は、世界各国で大反響です



<TVチャンピオン2「第一回ダメ犬しつけ王選手権」優勝





森田誠
こんにちは。森田誠です。

私は、1975年から犬のしつけや訓練を今日までおこなってきました。
今年で34年目になります。

警察犬の訓練、介助犬の訓練、聴導犬の訓練、フリスビードッグの訓練、テレビや映画に出演するムービースター犬の訓練、そしてコンパニンオンドッグの育成。

現在はコンパニオンドッグといわれる家庭犬のしつけと育成を専門として活動しています。

2006年11月にテレビで放送された、「TVチャンピオン【ダメ犬しつけ王選手権】」で優勝させていただいたことがありますので、もしかしたらご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

そして警察犬の全国大会でも沢山の犬をチャンピオンGにしてきました。

しかし、ボールや食べ物を使っていうことを聞くように訓練した犬、また「叱る・褒める」でしつけた犬が人間と同じように家族の一員、社会の一員として、迷惑をかけない良い子になるだろうか・・・と自分に問いかけたとき、答えは「NO」でした。

そして私は世界中の様々な国へ何度も行き、海外のしつけや訓練の考え方や技法を視察してまわりましたが、海外でもほとんどが「食べ物」と「命令」と「叱る・褒める」のしつけ方が行われており、日本となんら変わりありませんでした。

それでも違うと感じていた私は、独自で脳科学・ストレス学・動物行動心理学・児童心理学・犯罪心理学など様々な心理学や遺伝子学の専門書を読みあさりました。

そして、ついに答えを見つけたのです。犬のしつけ育成は、脳科学とストレス学と感情の心理学の中に答えがあったのです。たとえば、犬の脳の領域では「叱られたこと」「褒められたこと」が、理解して処理できる能力が無かったのです。

また、一般に行われているしつけ訓練は犬の狩猟本能と条件反射を利用した、形だけを教える動物行動心理学だということが分かったのです。

それ以来、犬を科学し独自で困らない心理の犬のしつけ方と育成を行ったところ命令のいらない困らない心理の犬が育まれてきたのです。

私はこのしつけ方や育成が医学的・科学的な面からも自信を
持っているので皆様に動画でその成果をお見せすることが出来るのです。

森田誠は人間と同じ感情を持った犬に、ご褒美をあげる代わりに「おすわり・まて」などをさせるしつけ方や育成方法が間違っていると考えています。

この方法では、良い心理は育めないということは心理学の世界から見ても明らかです。

現在日本の多くの方がやっているしつけ方法は、

「おもちゃをあげるから、おすわりしてね」
「おやつをあげるか、こっちへ来てね 」

といいったものです。

しかしその方法では、犬をしつけるどころか余計に手に負えない犬の野生の本質を育ててしまっているのです。

「愛犬と楽しく豊かに一緒に暮らしたり、旅行に行ったりするのが夢だったのに・・・」
「毎日犬と楽しくお散歩をするはずだったのに・・・」

今では、家族や近所に迷惑をかけ、癒しどころかストレスになってしまい、毎日疲れてしまっている飼い主さんがとても多いのです。

今までのしつけ方をどんなに頑張ってもうまくいかないのは、そのしつけ方法は犬の本質を育んでいるしつけだからなのです。そんな生活から抜け出し愛犬と夢みた生活のために、今、一歩ふみ出して一緒に愛犬のために頑張りましょう。



なにが新しくなったの?



あなたは愛犬のこんな問題行動に悩んでいませんか?

  • 来客に吠える
  • 人や犬に噛みつく
  • いたずらをする
  • 拾い食いをする
  • 落ち着きがない
  • お散歩中引っ張る
  • 呼んでも来ない
  • おトイレができない
  • 多頭飼いでコントロールがきかない、犬同士で喧嘩をする
  • 犬のしつけ本、犬のしつけ教室、犬の訓練士に訓練してもらってもよい子にならない
森田誠の独自の犬のしつけ法は
その他 ほとんどの問題行動も解決することができます。

犬の「本質の心理と行動」

狩猟本能

動くものを追いかけ、咬みつく特性。
拾い食い、盗み食い、いたずらや子ども・ネコ・鳥・車・バイクを追いかけたりして噛みついたりするのは狩猟本能のしわざ

防衛本能

見慣れない人や犬に対して恐怖というストレスがかかり自己防衛のために唸る、吠える、噛みつく行動。
飼い主の「叱る」などの接し方から、犬が自己防衛のために唸る、本気で噛みつくくなどの行動を起こすのはこの防衛本能のしわざ。
走る車の中からやたら吠えたり、掃除機をかけると興奮して掃除機に噛みついてくるのは狩猟本能と防衛本能の入り混じった心理の行動。

情報収集の本能

食べ物が落ちていないか、やたら匂いを嗅ぐ。または、自分のいる場所の危険、安全を確かめたり、どんな相手が通ったのかなど、嗅覚によって確認する。 犬は匂いを嗅ぐことによって、狩猟本能の心理になったり防衛本能の心理になったりする。

支配性の心理と行動

犬という動物は、群れを形成し、縦率社会をきずく習性を持っている。そのため、若い頃は支配性行動をくりかえし上の地位につき、強い遺伝子の子孫を残そうとする心理と行動。
代表的な支配性の心理の行動は、甘咬み、飛びつき、体当たり、リードをグイグイ引っ張って歩く、相手にお尻を向けて座る、マウント行動、マーキングなどがある。
このような行動を繰り返し犬たちは自分の強さを示し、上の地位へと君臨していく。
上下の決着がつかないと、気質の強い子は、早い子で生後6カ月〜10カ月くらいで相手を威嚇し、痛みを与える攻撃へと移行していくケースがある。
今まで仲良く遊んでいたお友達犬と本気で喧嘩をするようになるのは、この支配性が原因。 また、支配性のターゲットが犬ではなく、飼い主になってしまう場合も多々ある。犬を上の位に祭り上げてしまうために、飼い主が噛まれてしまうのはこの支配性の心理と行動が原因。

要求の自我

犬たちは人間と同じような感情を持っているので犬本位にわがままに育ててしまうと自分の要求をかなえるために吠えたてたりする。
サークルやクレートに入れたり、どこかに繋いだりすると、飼い主にむかって吠えるのはこの要求の自我からくる心理の行動。

気質

気質の強い子は自分を守るために人や犬に対して威嚇し噛みつく。
気質の弱い子は、おびえて逃げる。

上記の要素が代表的な犬の本質による心理と行動です。

問題行動に悩まされている飼い主さんの多くは、この本質の心理と行動に困っています。
おやつでつって、いろいろなことを教えるということは、本質の狩猟本能を利用して教えるということです。犬は、獲物を獲得する知恵で座る、伏せる、待つ、来るをしているので、 愛犬を本質で自己表現させてしまうこの育て方が、多くの問題行動を引き起こしてしまうことが多々あります。

森田誠の独自の犬のしつけ育成は、この本質を捨てさせて、人の愛情に従うよろこびの感情を育てる考え方です。

世間一般でいわれているマズルコントロールやホールドスチールといった武力による主従関係は、行っていません。また、リーダーウォークなどという、方向転換を強引に行うだけの接し方も行っていません。

心理の世界で、威圧的に接する相手に対して、信頼をよせることができるか・・・と考えた時、その答えは「ノー」だからです。 犬たちも私たち人間と同じ感情をもっているので、信頼をよせるどころか、防衛本能を育んでしまう結果につながります。







私は人間社会の中で人や犬たちが、心豊かに暮らしていけることを心から願い、 このしつけマニュアルを通じてお伝えしたいと考えています。

人に従う喜びを育んだ犬たちは人に幸せを与えてくれます。

森田誠のしつけ方「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」は医学的・科学的な面からも自信をもっているので皆様に動画でその成果を全てお見せすることが出来るのです。 その効果と結果を是非ご確認ください。

森田誠の独自のしつけ法は世界に例のない犬に命令することのないしつけ方です。
食べ物を使ったしつけ方ではありません 。




・お客様に吠える、飛びつく
・インターホンに吠える
・テーブルの上のものを食べる
・家中のものをかじる
・トイレが上手にできない
・お散歩で引っ張る
・車に向かって吠える、飛びかかる
・甘噛みが止まらない
・人がいなくなると吠える
・子どもを追いかける
・犬とけんかする
・うなる、噛みつく
・ハウスに入らない
・靴やスリッパをかじる
・落ち着きがない
・呼んでも来ない
・ドッグラン等で放すとつかまらない
・車に乗るとやたら吠える
・人、犬、物にマウントをする
・家中にマーキングをする
・ごはん、おやつ、おもちゃを守って
うなる、噛む

自然界では仔犬は母犬に完全服従です。そして仔犬は母犬が大好きでいつも甘えています。
では母犬は仔犬にどのようなしつけをしたのでしょう。
おやつを使ったりボールを使ったりしたのでしょうか?大きな声で命令を?
いいえ、母犬は自然界のルールを仔犬に伝えただけなのです。
犬の世界をのぞくとその秘密が隠されています。

ドッグトレーニングロードは犬たちとのもっともっと自然な生活を目指しストレス学、脳科学、児童心理学、動物行動心理学など様々な視点から犬という動物を捉え、科学してきました。 また、「どのようにしたら一人でも多くの愛犬家の方とその犬とが豊かな生活をおくることができるのか」 という観点から犬のしつけを捉えています。

「なぜこのような行動をするの?」
「どうしてしつけをしているのにいい子にならないの?」
飼い主様の「?」をより分かりやすく的確にお伝えし「犬との豊かな生活の水準を上げたい。」
この一心でこのしつけマニュアルをつくり上げてきました。

おもちゃやおやつを使ったしつけ方法は間違っていた!!なぜなら・・・

犬の行動心理学

犬の行動心理学の視点から話をすると、おもちゃやおやつがほしくて言うことを聞いているということは、犬の本来もっている、獲物を追いかけるという狩猟本能に働きかけていることになります。

つまり、狩猟本能という攻撃的な野生の本能を強めることになります。

ですから、実は今までのしつけ方法では、しつけをする前よりも、

しつけをした時のほうが余計に
手に負えない犬になってしまうケースがたくさんあるのです。

野生の本能が強くなると、野生の特性である、人や犬に対して吠えたり、動くものに対して向かっていこうとする行動(狩猟本能)が日に日にひどくなります。

犬が人間社会で生活する以上、犬の攻撃的な野生の部分は必要ありません。

大切なのは、愛犬が我慢して従うのではなく、「従うのがうれしい」という気持ちで、あなたと一緒にいられること

おやつやおもちゃを使ったしつけ方法は、飼い主の言うことをきけば、ご褒美をもらえるという、獲物を獲得するゲームだと犬は捕らえています。

あなたの言うことに従っていると言うよりは、獲物がほしいから、オスワリなどの行動をしているだけで、 従っている訳ではありません。

おやつやオモチャを使って築いた愛犬との関係は飼い主さんを信頼して従っている「心」の関係ではなく、おやつやオモチャがほしいから、従っているフリをしている「モノ」との関係なのです。

私のしつけ方法がよそで行なわれている方法と違うところは、

「人の愛情に喜んで従いたい」という心理を育てていくことにあります。

つまり、あなたの愛犬が、飼い主であるあなたを信頼して従うようになる「心」の関係を築く方法です。

基本的に、大脳はネズミから人間に至るまで同じ構造です。
しかし、それぞれの動物の種によって大脳の発達が違います。

人間は進化の過程で大脳が非常に発達し、特に、前頭葉にある「思考」は大きく発達してきました。しかし、犬はこの「思考」がほとんど発達しておらず、犬の大脳は本質の領域でしかありません。

脳科学の見解では叱られたこと、褒められたことを理解し、処理できるのは、この「思考」の働きであることが分かっています。
この「思考」が発達していない犬たちには、叱られたこと、褒められたことを人間のように理解できていません。
犬の大脳は、本質の領域しかないので、危険か、安全かを見極める程度の理解度なのです。

森田誠の独自のしつけ育成は犬に叱るという接し方をしていませんが、チョークチェーンのショックを利用して本質の心理の行動に対して危険ということを伝えます。
危険を伝えた後は、その時にどういう心理の行動をしたらよいのかを教え、育むという考え方です。

問題行動の矯正は、脳科学、ストレス学、感情の心理学を用いて行っているため、 おやつやおもちゃを使ったしつけ育成や、
マズルコントロール、ホールドスチール、リーダーウォークは一切行っていません。

また、一般的にいわれている、

・犬をソファに上げてはいけない
・いっしょに寝てはいけない
・肩に手をかけさせてはいけない
・犬より先に人間が食事をしなくてはいけない

などということも一切行っていません。

それどころか、私たちは30年近く

・犬と一緒に寝る
・犬のお腹をいっぱいに満たしてあげてから、自分たちが食事をする
・いつも一緒にソファでくつろいでテレビを見たりする
・犬にとっても健康に良いものであれば、私たちの食べものもいっしょに食べさせる

など、当たり前のように行ってきました。

私たちは今まで、数千頭の問題犬を治してきましたが、
問題犬を育ててしまったことは一度もありません。

しつけ教室に預けたい?でも、愛犬と信頼関係を築くのは、私ではなく、あなた自身です

犬の訓練士に、しつけをしてもらいたいという方もいらっしゃいますが、よく考えて下さい。
愛犬と信頼関係を築くのは、他でもないあなた自身です。いくらしつけをトレーナーの人が教えても、あなたがしつけ方法や犬への接し方を学ばなければ、結局もとに戻ってしまいます。

つまり、

あなた自身が、ご愛犬と信頼関係をはぐくむためには、あなた自身が、しつけ方、そして犬への接し方を覚える必要があるのです。

信頼関係が築できれば、問題行動を起こしていた犬でも、
見違えるように穏やかで従順な良い子になります。

このマニュアルには私が実際に犬をしつけている動画をおつけしています。 文字と動画の説明で、しっかりと理解していただけます。

正しいしつけ方法を行えば、あなたの愛犬も問題行動をしなくなります。

「自分の犬は成犬だから子犬のうちにしつけておけばよかった」と、 あきらめてしまっていませんか?

子犬であろうと、成犬だろうとしつけには関係がありません。
いつからでもしつけをすることができます。

今回作成したマニュアルは、私が行っているしつけ方法のすべてを、 一般の方にも実践できるよう、わかりやすく説明しています。

しかも、文章だけのマニュアルだけではなく、動画を利用することで、実際のしつけ方法をより解りやすく解説しています。

このマニュアルと動画を見れば、しつけのプロではないあなた自身でも愛犬のしつけを行うことができるのです。

マニュアルを手にしたとしても、私、森田が実際に行うのと素人であるあなたがしつけをするのでは、違いがありすぎると思うかもしれません。

当然、私が直接しつけをしたほうが、早くしつけが出来ると思いますが、
飼い主であるあなたでも、マニュアルを読んで正しいしつけ方法を知ることで
あなた自身でも愛犬のしつけをすることは充分可能です。

さらに、自分自身で犬のしつけができるので、今以上に愛情を注ぐことができますし、
強い信頼関係を築くこともできます。





愛犬をいい子にしたい方はコチラ


愛犬と楽しく豊かに暮らすために私と一緒にがんばりましょう!

Copyright2009 Dog Training Road.All rights reserved