犬のしつけについて

■しつけについて
犬をしつけていく事で一番大切なことは、 大きな愛情をもって犬に接し しつけるという事です。
そしてまず犬という動物を知ることです。

つまり擬人化した考えを持たずに犬の習性や能力、ストレスの感受性・性格・本質を知るという事が大切です。

しつけが上手く出来ない方は、犬という動物を知っているようで知らないため、上手くしつけられないのです。

犬という動物を理解し、愛犬の性格や本質を知れば犬のしつけは驚くほど簡単なのです。


■犬を上手にしつける為の大事な条件
犬を上手にしつけるには、犬の社会にならって主従関係をしっかり築き、信頼関係を結ぶことです。

犬が人の愛情に従いたいと思う心理が発生していれば、 どんなしつけも簡単に出来るのです。 皆さんが、しつけがうまくいかないのは、 この主従関係が出来ていないからです。

人間の子育ては自立という目標に向かって育てられると思いますが、 犬の育て方は服従性という目標に向かって育てることが大切です。つまり人と犬の育て方は、180度方向が違うのです。


■愛犬の性格(性質・本質・気質)を理解し、人間社会のことを上手に教える・・・
犬のしつけが上手くいかない原因の多くは、人間目線で犬をしつけようとするからです。 犬には人間社会の都合が分かりません。

多くの愛犬家の方は警察犬の訓練士、ドッグトレーナー、しつけを行う獣医師、海外のしつけ方などを行いますが、そこに大きな間違いがあります。

食べ物やおもちゃを使ってしつけてしまうと、犬は頭の中でそれを獲物と捉え、狩猟本能(ゲーム感覚)として「スワル・マツ・フセル・クル」などの行動を行います。

その行為が野生の本質を育てることになり、人との生活上では困る犬になってしまうのです。つまり、狩猟本能を育むことにより、動くものに強い興味を持ち、追いかけ、咬んで捕らえようとする心理が表れます。

この本質が強く出ることで縦列社会を築こうとする犬たちは、支配性(飛びつき、甘噛み、体当たり、お尻パンチ、マウント行動、マーキング、引っ張り癖、 吠える、噛みつくなど)の問題行動を起こすようにもなり、人間より上の位に付こうという行動に出ようとするのです。



また、感情豊かな子は、強い要求吠えをするケースが多く見られます。そういった本質の心理と行動が起こせるということは、見知らぬ人や来客、他の犬や音などに対し怖いというストレスがかかると、防衛本能から「唸る、吠える」といった本質が強く出てきます。

食べ物やおもちゃを使いしつけを行うということは、犬の本質的な部分を育んでしまっているということに気付いてください。

みなさんが愛犬との生活で困っているのは、全てがこの犬の本質である心理と行動によるものなのです。

人間の世界と同じで「座る・伏せる・待つ・来る」などの形だけのしつけを行なうと、困る心理と行動を起こしてしまいます。

犬をしつける上で大切なのは、犬が人に従うことに喜びを感じるという「従順な心理」を育むことだと私は考えております。

人と犬との間に、食べ物やおもちゃではなく、「心と心」・「感情と感情」のキャッチボールを行いながら犬をしつけ、育て上げていくことが最も大切なのです。



トップページに戻る


今すぐ愛犬をいい子にしたい方
お申し込みはコチラ

[犬のしつけ(基礎知識)]
しつけについて

会社概要
プライバシーポリシー
特定商取引法に基づく表記

Copyright©wanwanstudio.All rights reserved